JOURNAL

2017.11.25 日本茶のいろは – 焙じ茶、初見の乱


二回目となる「日本茶のいろは」も、
先日和やかに終わりました。

今回は焙じ茶の淹れ比べワークショップ。
四種の焙じ茶からお好きな一種を選び、
まずはご自身の感覚で淹れていただきました。

用意した焙じ茶は、春番茶の焙じ茶、加賀棒茶、一番茶の焙じ茶、
そして一般のお茶屋さんにある焙じ茶です。
普段のお茶屋さんで見るような焙じ茶は、四種のうち一種のみ。
その他は茎だけの焙じ茶や、
葉が大きいものだったりと形状が様々。
初見で的確に味を引き出すのは難しかったです。

一煎目を飲んだ後、各茶葉の説明と淹れ方をお伝えし、
二煎目は、みなさん美味しく淹れることができました。

熱湯でさっと淹れるイメージの焙じ茶ですが、
種類によっては1分以上時間をかけても美味しい物もありました。

参加してくださいましたみなさま、
講師の小幡さん、どうもありがとうございました。
次回はまたテーマを変え、1月に開催を予定しています。
後日WEBにて告知いたしますので、
どうぞ宜しくお願いいたします。











[日本茶]
PAGE TOP